目の下の茶クマに困っている人必見!メイクで老け防止できる方法とは

クマの中には、茶クマという種類があります。
引っ張っても変わらず、光を当てても消えないクマであれば、それは茶クマです。

メイクで隠そうとすればする程、目の下のクマが目立ってしまうことがあります。
クマを消そうと思って、やたらメイクでカバーしようとしても、あまり効果は期待できません。

目の下の茶クマに困っているのであれば、メイクのコツにも気をつけながら、老けを防いでいきましょう。

それでは目の下の茶クマには、どのようなメイクをしていけばいいのでしょうか?

○コンシーラーを使うのが基本?

茶色のクマが目の下にできてしまうのは、「色素沈着」が主な原因です。
コンシーラーを使って薄くする方法が定番です。

○コンシーラーの色は何色がいいの?

もしもコンシーラーを使うのであれば、黄色か薄めのベージュを使うといいでしょう。
メイクの時にコンシーラーを使用する順番としては、パウダーを付ける前です。
パウダーファンデーションを使う場合は、下地クリームを付けたすぐ後にします。
ファンデーションの前に使いましょう。

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使用する時は、ファンデーション後、プレストパウダーの前に使います。

スティックタイプのコンシーラーであれば、いったん手の甲に乗せて指をあて、温めてからつけるようにすると、肌によく馴染んでいくでしょう。

つける時は、力はあまり入れずに、指で軽くトントンと押しながら伸ばしていくと、ナチュラルにつきます。

一度にたくさんつけないようにするのがポイントです。
厚塗りすると時間がたつとヨレやすくなる上、クマが余計に目立ってしまうことがあります。

毛穴の開きが目立っていると、肌が汚く見えてしまいますよね。
そんな時、イオン導入を使っていると、毛穴の開きを解消していくことができます。
それでは、どうしてイオン導入で毛穴を小さくすることができるのでしょうか?

○イオン導入ってそもそも何?

イオン導入とは何かについて、まずは知りたいという人もいるでしょう。
イオン導入は、専門のエステサロンでやってもらうイメージが強いものですが、最近は、自宅でもできるようになってきています。

というと、専門のエステサロンでやってもらうようなイメージもあるでしょう。
しかし最近は、イオン導入気というものも販売されていて、おうちでも簡単にできるようになってきました。
電流を使って、肌トラブルを解消してくれるのです。

どうして電流を使用するのかというと、美容液を使って、外側から美容成分を浸透させるのは、なかなか難しいものがあるからです。

美容成分の入ったサプリメントも販売されていますが、それでもお肌に浸透していく濃度は、あまり多くはありません。
そこで、電流を使って美容成分をお肌に馴染ませていくのが、イオン導入としておすすめなのです。
毛穴の開きに悩んでいる人は、イオン導入を積極的に導入してみるといいでしょう。

ご家庭で使う専用のイオン導入器も販売されていて、とても手軽に使えるように開発されています。
ただしペースメーカーを使っている方や妊婦さんは使えないので、気をつけましょうね。
美容室 求人 主婦 採用 柏駅 自由出勤