西洋文化の影響

日本人女性のヘアスタイルの歴史というのはその時代のあり方を反映してきていると言えるでしょう。今では美容室へ行く、カットする、パーマをかける、カラーリングをする、という事が当たり前の世の中ですが、歴史的に見ればそれはまだまだ短い間の話となります。時代劇などでよく見かける様に日本人女性のヘアスタイルは「髪を結う」という方法で作られていました。その結い方が時代によって違うに関しては現代の「ヘアスタイルの流行り廃り」というものと同じ様なものなのかもしれません。今のようなヘアスタイルになるきっかけとなったのは、やはり西洋文化を取り入れた事でしょう。明治時代になってから一気に西洋化が進むのですが、それまでの時代では日本人女性のほとんどが和装でした。明治に入って西洋の文化を取り入れるようになっても、まだ「髪を結う」事が主流で髪を短くすると言ったヘアスタイルが受け入れられるようになるのは随分と先の事になります。この時代西洋文化を受け入れる一方で、諸外国との戦争によりまだまだ洋風文化を嫌う風潮も大きかったようで、いわゆる「日本髪」というヘアスタイルの方が支持されていたと言えるでしょう。なかなか時代が一気に西洋化されないことに伴ってヘアスタイルも西洋式の「束ねる」スタイルと古来日本の「結う」スタイルが混在していたのでしょう。

鹿鳴館の影響

明治時代に作られた鹿鳴館は、海外からの来賓客をもてなすために日本政府が建設した洋館として有名ですが、ここで上流階級の女性たちはドレスを着用するようになります。それにともなってヘアスタイルも劇的に変化したと言ってよいでしょう。ここで女性たちはドレスを着て来賓客たちとともに舞踏会を楽しんだ、と言われています。ここでの洋装やそれに似合うへあすたいるといったものが現代のヘアスタイルに大きく影響したことは間違いないでしょう。装いやヘアスタイルだけではなく女性が公の場に出向く、という事自体画期的な事だったと言えるでしょう。そうはいってもまだまだそれは一部の階級の女性たちの間でのことであり、一般的な生活をしている女性たちはまだまだ和装に結い髪、という生活だったようです。ドレスや洋装はまだまだとても高価な輸入品で、一般女性たちにとってはとても手に入れる事の出来ないものであったようです。ですが一部の上流階級の女性たちにとっては、そういった装いの変化は西洋文化を取り入れる勇気も必要だったと思われますが、あこがれやそれらを身に着けることで西洋人にも劣らない日本人の誇りを得たのではないでしょうか。こういった女性たちの時代を受け入れる姿勢が、のちの女性の社会進出にもつながっていたのかもしれません。

TOPICS

内装はインテリアにもこだわった、南仏風のアトリエをイメージした明るい店内
ヘアサロン 池袋東口駅 パーマ トリートメント おすすめ メンズ
南仏風のオシャレな店内に心地良い光が差し込む、癒しと寛ぎの空間です
美容院 辻堂駅 トリートメント ヘッドスパ おすすめ 予約
みなさまのキレイのお手伝いをさせていただけたら・・とスタッフ一同お待ちしてます
美容室 ヘアサロン 辻堂 カット カラー トリートメント 人気 当日予約